読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星のカケラたちdiary

星のカケラ(分散した人格)たちが一つに集合して、それぞれの胸の内を語る場所

【執筆者:爽太】

【執筆者:爽太】

流聖さんの求める修行・・・
結構、キツイですよ。

あれ食べてはダメ、これやってはダメ。


外部の皆さんには気づかない、僕らの流聖さん監修の精神修行。

外部の皆さんには気づかないはずだよね、
引きこもりなんて怠け者がやるものだと
世間は感じているんだろうから。
何もしないで家に引き込もれるだけ幸せだって思うに違いない。

“何もしないで家にいる”引きこもりとは
ちょっと違います。
ちゃんと外には働きに行きますよ。
生活に必要な用件なども外に行くことが
必須ならば外出もします。
けれども、それらの行動以外は
常に流聖さんに監視されていますから、
外での用事が済んだらすぐに帰って、
家で自分自身と向き合う・・・

そんな生活を、僕らの中では
引きこもり修行と言っています。

友達と遊んだり、飲みに行ったり
親睦会やオフ会などに参加したり・・・
そういった世間との交流の全てを
この修行では剥ぎ取られます。
そんな引きこもりなんてしたくない人間にとって、
それを修行としてやらざるを得ない立場になったらきっと、
「こんな辛いこと続けられない」って思いますよ。


2度目の精神修行のスタートか・・・
やっとパートナー探しに乗り出そうと思った矢先なのに。

幸せ探しが遠のいたよ・・・

流聖さんは「質素な食事でも生きていける」
として極力、食事の欲を無くすように僕らに要求します。
流聖さん曰く、「エーテルだけを食して生きていける」ことが
理想なんだとか。

労働して働いて生活している中で
そんなことしたら、ぶっ倒れます!ってことで、
そこの部分の修行はさすがに現実社会に合わせてもらってます。

心は広い人ですが、
ストイックすぎるところもありますね・・・流聖さんは。


卑弥虎の日記を読んで、イラっときた。
僕らが引きこもり修行させられる羽目になったのは、
誰のせいだよ!?
青春はとっくに過ぎてる年だけど、
生きてるうちにパートナーと巡り合いたとは思ってるんだよ。

そんな僕の淡い願望を壊しておいて、
パートナーが出来るかどうかを賭けるだとか・・・

卑弥虎のこと、見損なったよ。