読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星のカケラたちdiary

星のカケラ(分散した人格)たちが一つに集合して、それぞれの胸の内を語る場所

【執筆者:爽太】

ライトの音楽の趣味について
僕が代わりに話そうと思います。

ヘヴィメタルは攻撃的な音や言葉なので、
聞く側のイメージは複雑だと思う。

例えば、カケラの中でも流聖さんや、
SOUSEKIさんが「ヘヴィメタル聴いています」って
言ったとしたら、とても想像が
付かないんじゃないかと思います。


ライトという人は、
内に溜まった憎悪を音楽を聴くことによって
開放して自然消滅させることを得意としています。
これは音楽療法とも言えると思います。
憎悪がいくら溜まったとしても
音楽を聴くことで自然消滅させるので
内部にも外部にも危害が及ぶことがなく、
安全なストレス解消方法だと思います。

卑弥虎という人は、
内に溜まった憎悪を、趣味のギャンブルに
費やすことによって解消してきました。
卑弥虎もひたすら趣味に没頭するので
ライトと同じように外部に危害を加える
憎悪の開放の仕方ではないのですが、
ライトと違う点は、内部にダメージを与えてしまうところ。
自分自身への自虐とも言えるストレス解消方法は
結局、自分で対処できなくなり、
外部に対処してもらうという迷惑に繋がります。

同じ、憎悪の開放として考えてみると、
ライトの方が外部にも自分にも害のない
方法であると思うんです。

ストレス解消の担当だった卑弥虎に、
その担当を降りてもらって、主人格も
僕と入れ替わってもらってからというもの、
ストレス解消の担当はライトが担っています。


今回、youtubeからリンクした曲は
ライトらしい選曲だな、と思いました。
どこがライトらしいかというと、
数あるヘヴィメタルの曲の中から、
“狼の画像の曲”を選んだってところ。
これは、ライトが存在する意味に匹敵する
深い理由が込められていると思います。

ライトは最近、人間によって虐待されている
生き物の動画を目にすることが増えていました。
そこから沸き起こる憎悪・・・
それはヘヴィメタルを聴くことで解消して
きているんだろうと思います。
そして、そんな彼の憎悪は解消されたとしても
忘れられることなく、
彼の稼業に深く繋がっています。

彼の稼業についての話は
ここまでしか言えないんだけれどね。

こんな風に修行を重ねているカケラたちだから、
『やたらと他人に攻撃的な言動をする人には勝っている』
という勲章のような自慢が僕の中にはあります。